ログイン
[PR沖縄] 沖縄出張ライブ| 沖縄翻訳通訳| ホームページ制作| 格安印刷| タウンネット| 総額2万円HP制作| 専門学校資料請求| リフォーム| 引越

那覇市 安岡中学校 教えて!

小学生の子供が3人。中学生が一人。

 

将来を考えて気になった…。

 

「うちの子が進む中学校の学力って!」

 

一昔前、安岡中学校は米軍施設に隣接していて、

ヤンキーの多いことで有名な学校でした。

 

んが、米軍施設が開放され、新都心ができ、

内地の方がたくさん入ってきて、

財力があり、教育に熱心な人たちが増えたことから、

安岡中は、かなーり「おりこう」な学校になったようです。

 

んが、イメージとは怖く、今だに「安岡中学校=ヤンキー校」

みたいな風説があります。

 

んで、実際どうなの?

 

うちの子は普通に行けば「安岡中学校」に行くことになる。

私立に行かすお金はない。

 

誰か教えてーーーー!

記事URL コメントコメント(4)

ゼウスの子供たち②

前回ギリシャ神話の関係図の一部を書いて、

気になってやまないので、

もうちょっと調べてみた。

 

[参照] ギリシャの神、データベース

 

大体、一番初めの神様でも、

オリンポス12神の長男とかでもないのに、

なんとなく一番すごそうなのは、なぜゼウスなのか?

 

まず、ゼウスの先祖って?と思い調べてみた。

ざっくりといえば、

 

■創造女神ガイア

 ↓

■天空の神ウラノス(初代神々の王)×大地の女神ガイア(お母さん)

 ※天地が分れ整った感じ。

 ↓

■農耕神クロノス(二代目神々の王)×大地の女神レア(お姉さん)

 ※大地に農耕で作物が豊かになった感じ。

 ↓

■ゼウス(三代目神々の王)×結婚と出産の女神ヘラ(お姉さん)

 ※でもヘラの前にテミスという女神と結婚していたので略奪愛。

 

ま、まあ、仕方ないけど、近親相姦の嵐だね。

 

えーっと、文章でつづってみると、

創造女神ガイアが一人で産んだ息子(長男)、
天空の神ウラノス=初代神々の王。

この親子が結婚して、ガイアは大地の女神となり、

息子で末っ子の農耕神クロノスが

母ガイアの命令で、父ウラノスの男根を切り落とし、
二代目神々の王となり、姉の大地の女神レアと結婚し
ゼウスを生んだ。

 

そのゼウスが父クロノスを倒し三代目神々の王となり…

その時に、助けた兄弟が上から、

 

ヘスティア(女)、デメテル(女)、ヘラ(女)、ハデス(男)、ポセイドン(男)

※ゼウスの兄姉。ゼウスは六姉弟神の末子。

 

んで、怒ったお父さんクロノスが、

兄姉(ゼウスから見て叔父さん、叔母さん)のティターンと呼ばれる巨神を

引き連れて攻めてきたが、

もちろん最後はゼウスが勝って

 

 3男ゼウスが天界

 次男ポセイドンが海界

 長男ハデスが地下

 

を治め、(※大地は共有)ここから治世の時代が始まる。

…ということらしい。

 

…うーん、数回読まないとわからない感じだし、

諸説あるので、なかなか説明できない。

 

でも、この後、トロイ戦争へと繋がっていく。

…んで、そこでもまた、ウチの子の名前がでてくるんだよね。

 

記事URL コメントコメント(30)

ゼウスの子供たち①

うちの子供達の名前は、

基本、ギリシャ神話、ローマ神話にちなんだものだ。

 

ギリシャ神話については、

まあ、多少なり一般知識はあるが、

 

よく考えてみると、

星座の名前になっていたり、

いちいち逸話があったり、

どだい、本になっていたりするので、

 

多少の知識って何よ?

 

っていう話になる。

 

そこで、ゼウスの前後のルーツを調べてみた。

 

ゼウスの子供たちは?(そうとういるよね…)

だいたい12神だって、降ってわいたわけじゃないよね…

ってことは、12神の前の時代はどうなっていたの?

 

参照①

参照②

家系図①

 

ふむふむ、なるほど、ゼウスの両親は、クロノスとレアで末っ子か、

んで、ポセイドン=ネプチューンはお兄ちゃんだったのね。

んで、浮気の相手が、

 ・フェニキア国の王女、エウロペ
 ・アルゴス王の娘、ダエナ
 ・人妻、レダ
 ・アルゴス王の娘、イオ
 ・デバイ王の娘、セメレ

…まだまだいそうだ。

どんだけ女好きだったんだ…。

 

まあ、知っちゃーいたけど、こん中にうちの子の名前あるんだよな…。

 

記事URL コメントコメント(12)

沖縄の中学。進学について…気になった

下の女の子が小学校に入学することになった。

 

初めの子の時は、「近所が当たり前」と思い、

(知識と関心がなかった…)

最寄りの小学校に行かせることになった。

 

しかし、部活が始まり、

保護者どうしのつながりが出てくると、

いろいろと情報が入ってきて、

小学校から学校選びをしないと、後々影響がでることに気が付いた。

 

そこで、「沖縄の中学校 偏差値」で検索してみると、

 

昭和薬科大学附属中学校 (浦添市沢岻450)偏差値64
沖縄尚学高校附属中学校[スーパー] (那覇市国場747)偏差値56
沖縄尚学高校附属中学校[特進] (那覇市国場747)偏差値52
興南中学校[フロンティア] (那覇市古島1)偏差値50
沖縄カトリック中学校 (宜野湾市真栄原3)偏差値48

 

こんな情報がでてきた。

 

僕自身が、小学4年生で塾生になり(当時塾が流行った)、

中学校から進学校に進んだ事で、後の選択肢が広がった事を思い出し、

 

「ほっとくと、なんかヤバくね?」

 

と感じている。

 

…ちょっとぉ… 

…教育パパになっちゃおうかなぁ…。

 

…いやマジで…

 

あせるわぁ…

 

バスケとかばかり言ってる場合じゃないんじゃね?

 

記事URL コメントコメント(0)

子育てカタルシス その③

[その①]  [その②]  [その③] 

-----------------------------------------------

 

(続き)

四人目ともなれば、眺めもせず、種だけ付けて、

金を運ぶ事だけを淡々と行なうようになる。

 

 

しかし、実は、奥様が醸し出す「環境」が大きく変化しているので、

男もいろいろな意味で「耐性や対応力」が身についている。

 

保育園、子供の友達、連絡帳からの情報など、

ちょっと間接的に「成長」を遂げているのだ。

 

そう、気がついたら、

 道端で煙草を吸う中学生

 デパートのおもちゃ売り場で箱を空けてる小学生。

 スーパーでカートに置き去りにされてる赤ちゃん10分経過

 コンビニで万引きしそうな感じの幼稚園児。

 俺が食べてるポッキーをじーっと見てる小学生。

も対応できる能力が身についているのだ。

 

おそらく、子供に対する耐性を身につけるには、

自分の子供をもうけてみるのが一番の近道。

 

気がつけば、「子育て本」の過剰な情報に踊る事もなく、

「くそガキ」に振り回される事もなく、

「赤ちゃん」にあそばれる事もない、

 

全ての真理が見えてくるのだ。

 

男は経験する事のみによって「浄化」される、

わぁかりやすい生き物なのだ。

 

…まあ、子供が世界の中心でもないので、

子供がいようが、いまいが、

きっと男は死ぬまで、男そのものが「子供」なんだろうな…。

 

記事URL コメントコメント(0)

子育てカタルシス その②

[その①]  [その②]  [その③] 

-----------------------------------------------

 

(続き)

なんで、大人が気を使わなきゃいけないのさ…。

 

しかし、自分の子が生まれ、一変する世界に慣れてくると、

上記の状況が一変する。

 

まずは、

恋愛してラブラブ。

結婚して大人気分に。

妊娠してウキウキ。

出産して…

 

出産して…

 

そう、「出産して」ツレが「お母さん」に変身した事を認識しなくてはいけない。

 

実は、あのかわいかった彼女は

「女の子」→「女性」→「奥様」→「お母さん」

と言う風に変態する、まあ、魚で言うと「出世魚」みたいなものなのだ。

 

昆虫の「卵」→「幼虫」→「さなぎ」→「成虫」

に通じるものもある。

 

しかし、男はあまり変態を行なわない。

「男の子」→「お兄さん」→「おじさん」

と変態しているように見えて、実は中身はほとんど変わらない。

男は女性の変態に合わせて言動が変化しているだけなのだ。

 

しかも、お母さんは、子供の数によっても、その性質を変える。

 

例えば、哺乳ビンの消毒。

「一人目:お鍋で煮沸」

 →「二人目:電子レンジで煮沸」

  →「三人目:ミルトン(消毒液)」

   →「四人目:食器の一種」

と、段々と、まあ、いわゆる、 …「手抜き」をするようになる。

 

その心理の変化はというと、

「一人目:ちゃんとしなくちゃ。ばい菌撲滅」

 →「二人目:まあ一応煮沸だし…」

  →「三人目:まあ、売られてるものだしOKだはず」

   →「四人目:ミルトンでOKなら、食器洗剤でも…」

 といった感じだ。

 

実際の手間はというと、

「割れないように注意しながら回す:15分」

 →「電子レンジの様子をみながら:5分」

  →「溶液を準備して入れるだけ:3分」

   →「お皿と一緒に洗う:30秒」

といった具合。

 

 

初めは奥様と一緒に子育てをしようと決意しながらも、

レンジで煮沸するアイデアグッズとか、ミルトンとか、

探す気も、関心もない男はというと、

だんだん奥様のいいだすことに「あっ、えっ、いいんじゃない」

と相槌だけ打つようになり、

一人目はやっていたミルクの準備もしなくなり、

おむつも変えなくなり、

段々と子育てを「外野」から眺めるようになる。

四人目ともなれば、眺めもせず、種だけ付けて、

金を運ぶ事だけを淡々と行なうようになる。

 

(続く)

 

 

…実は変態の最終形は「おばさん」なのかも知れない。

※環境と人による。

 

 

 

 

記事URL コメントコメント(0)

子育てカタルシス その①

[その①]  [その②]  [その③] 

-----------------------------------------------

 

子育てをしている。

結構楽しい。と感じている。

 

 

自分の子供が生まれる前までは、「子供嫌い」

正確には「子供うざい」「子供苦手」と言った方が正しい。

つまり、どう対応していいかわからないので、

悪ガキに当たった時、「ガキうぜ~」と感じ、

赤ちゃんがいると、どうしていいかわからないので、

「子供苦手」となる。

 

沖縄では、生活の中で子供や老人と接する機会が多く、

うちなんちゅで子供嫌いという人はあまり聞いた事がないが、

ないちゃーは比較的、核家族、鍵っ子の人が多いのか、

「子供嫌い」が多いと感じる。

 

僕の場合、15で家を出て以来、「子供」と接する事がないまま

ず~っと来てたので、「子供苦手」はひどかった。

 

 

 

道端で煙草を吸う中学生

 …注意していいのかどうなのか…。

  はたまた、彼らがどういった生き物なのか知識がないので、

  注意したとたん乱闘になるのかならないのか。

デパートのおもちゃ売り場で箱を空けてる小学生。

 …注意していいのかどうなのか…。

  もしかしたら、お父さんが「箱空けてもいいはずよ」って言ってるかもしれないし、

  店員も「いいですよ~」ってお気楽かも知れないし…。

スーパーでカートに置き去りにされてる赤ちゃん10分経過

 …店員に伝えていいのかどうなのか。

  もしかしたら、これって普通なのかもしれないし、

  カートに触ったとたん赤ちゃんが以外としゃべれて、

  「人さらいですよ~」と泣き叫び出すかも知れないして…。

コンビニで万引きしそうな感じの幼稚園児。

 …注意していいのかどうなのか…。

  大体まだ何もしてないし、

  万引きの現行犯を注意したとたん、

  すごい剣幕のお母さんが現れて、

  俺が悪者にされる可能性を計算しちゃうし…。

俺が食べてるポッキーをじーっと見てる小学生。

 …「えっ、ほ、欲しいの?い、一本いる?」

  と声をかけた方がいいのかどうなのか…。

  あげた途端、別の子供が現れ、その数がだんだん増え、

  ストレスを感じた俺は、箱ごとポッキーを渡し、

  「あぁ、おじさんはいいや。あげるよ」

  と言い残しその場を去るが、その場所に行くたびに、

  その小学生と会う。いや、正確には、

  その子がまたもらえると思っていつも待っている。

  もしくはあげたポッキーで食あたりを起こし、

  俺、警察沙汰になる…。失業する…。

 

 

こうなると当然「関わらない」という選択をするようになる。

どちらかというと、こちらが子供を敬遠している状態。

子供としては「遠慮」などという単語を理解してないので自然体。

 

なんで、大人が気を使わなきゃいけないのさ…。

 

 

 

しかし、自分の子が生まれ、一変する世界に慣れてくると、

上記の状況が一変する。

 

(続く)

 

カタルシス…とは…参照

 

記事URL コメントコメント(0)
1 |2 |次へ>> 

カレンダー

<< 2017年12月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

プロフィール

愛媛生まれ、高知育ち、高校は埼玉、社会人は東京…あちこち行って沖縄で落ち着いちゃいました~。
管理画面へ