ログイン
[PR沖縄] 沖縄出張ライブ| 沖縄翻訳通訳| ホームページ制作| 格安印刷| タウンネット| 総額2万円HP制作| 専門学校資料請求| リフォーム| 引越

沖縄料理、「絶対ムリ」から「中毒」までの過程。

沖縄に来たのは、先輩に誘われたから…

というのは以前触れたのですが、

 

私の沖縄料理との出会いは最悪。

 

もともと、沖縄ファンで沖縄に来たわけではなく、

「ダイビングできるよ」

的な感じで、沖縄の事など全く知らずに、沖縄に来たので、

基本的な食べ物は、もちろんそれまでの人生で

「好き」と思ったモノ中心。

 

もちろん、沖縄でもなんでも好きなものが食べられるわけで、

別にレストランや喫茶店に行ったら「沖縄料理」しかないわけじゃありません。

 

しかも私の場合、コックだったので「好き」なものを

食べる傾向は、料理ができない人より高いわけです。

 

そんなある日。っても、沖縄に来て数日後ですが、

前述の先輩から

「おふくろが後輩に飯食わせろって言うから、うちに来い」

と招集が。

 

まあ、人ん家に行ってごはんを食べるなんて、あまり経験がなく、

気が引けてたのですが、怖い先輩のお誘いを断れるわけもなく、

先輩の実家に行く事に。

 

…そこで「洗礼」がはじまりました。

 

怖い先輩だけあって、そのお母様も気丈です。

いわゆる「かめーかめー攻撃」というのにあうわけです。

 

緊張しまくるなか、

「ゴーヤーの塩もみ」がまず出てきて、

食べたら… 『にげ~。。。喰えねえ。。。』

 

次にかたい骨の付いた「ソーキそば」

見た瞬間… 『麺の上に骨が…骨が…、動物の骨がぁ…』

 

これまでにスペアリブは食べた事があるのに、

発想は全くそっちに向かわず、「うどんに骨」となったわけです。

しかも断面は「無残にもポキッと折られた感じ…」→『残酷』

と、さらにイメージを悪い方向に発展させ、

麺を食べたら、うどんじゃない… 固い…。讃井でもない…。

スープは軽い豚骨。…『動物臭がする…』

とにかく、イメージと触感、臭い、味、全てが悪い方向に…。

 

そして、いろいろ出てきましたが、

とにかく全て悪い方向に考える訳です。

…罪のない「サーターアンダギー」までも、

『固い…ぱさぱさしてる…。。。いつ作ったんだこのドーナツぅ!!』

となります。

…疑心暗鬼です。

もう、先輩もお母さんも信じられません。

 

最後に「イカスミ汁」…。

嘘…、ウソ…、うそでしょ…これ喰えっていってるの…『黒い生臭い汁だぜ…』

…イメージだけで下痢を起こしそうな勢い。。。

冷や汗が止まらず、

 

「ボク、もうおなかいっぱいです」

 

…これが精いっぱいの抵抗でしたが、お母さん曰く

「若いのに…もっとかめー」

って。。。。うっそぉ。。

 

『俺我慢してるよ、そのうちぶちまけるよ、いいの、畳の上にぶちまけちゃうよ…』

 

頑張って言えたのが

 

「ボク、小食でして… はは、はははは、………おいしかったです」

 

 

 

…みなさん、これ、話盛ってると思ってるでしょ。

でもね、、、

 

ホントなんだってば!

なんなら、その辺のボクと同じ境遇のないちゃー捕まえて聞いてみ!

10人のうち、何人かは経験あるから!

 

 

時は過ぎ、今では毎週2回は、市場の、ごきぶりのうろつくそば屋の

「ソーキそば」を食べねば、不安でなんだかそわそわしてしまう生活です。

 

P.S.

…なんて言われようが、ホントなんだから。。

ちなみに今では「やぎの刺身」も「生ゴーヤー」も食べれますが、

「イカスミ汁」はちょっと…。パスタは食えるんですけど…。

 

記事URL コメントコメント(180)
1 |

カレンダー

<< 2017年12月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

プロフィール

愛媛生まれ、高知育ち、高校は埼玉、社会人は東京…あちこち行って沖縄で落ち着いちゃいました~。
管理画面へ