ログイン
[PR沖縄] 沖縄出張ライブ| 沖縄翻訳通訳| ホームページ制作| 格安印刷| タウンネット| 総額2万円HP制作| 専門学校資料請求| リフォーム| 引越

バスケ…最近の練習内容

先日のブログで、

「ストバスみたいになってきた」

って書いてから気になったので、

僕たちの練習内容をちょっと書いてみる。

 

まず、大前提は、

●まず、全員素人。

もちろんドリブルもシュートも用語もわからない。

見事に一人もわからない。

本当にただの小学生の集団。

 

そんな小学生たちに、フープバスケみたいなやり方をする理由の一つが、

「部活的な事は監督がやるはず」

という勝手な思い込みから、

僕は、

「バスケの楽しさをメインに教えたい」

と思ったから。

 

強豪他校の練習を見たことがあるが、

世間でよくいう内容だった。

 

ドリブル、シュート、基礎、基礎、基礎、体力向上。

ゲームなんてやらないよ。

といったパターン。

時間を守れないやつ、

指導者のいう事を聞けないやつ、

ついてこれないやつ、

宿題をやってないやつ、

…やめていいよ。といった感じ。

 

僕も基礎練習は大賛成なんだけど、

これだけでは生徒は部活が楽しくなくなり辞めてしまう。

 

うちなんか学校生徒数が圧倒的に少ないし、

肝心なメンバーに辞められたら、

バスケの形をとること自体が怪しくなる。

 

それでも「ストレッチ、ドリブル、シューティング」は

必ずやるようにしている。

 

ストレッチは、昨年うちの奥様がアキレス腱を切っちゃったので、

頑張って入念にやっている。

 

ドリブルだけでも、

・左右での基本ドリブル。

・フロントチェンジでのドリブル。(大中小)

・左右での前後ドリブル。

・左右でのバックドリブル。

・左右でのレグスルー。

・左右でのビハインドザバック。

・総合でのモンキーダンス。

・広がって輪になってダッシュ・ストップ。

・ボールハンドリング。

位はやる。

時間にして20分くらいはかかるので、

みんなドリブルだけで結構息が切れる。

 

あとシューティングは、左右エンド、左右45度、トップから各10本入るまで。

 

2線、3線、サイドステップ、ゾーンの練習などは、今のところやる予定はない。

 

最近やっと「バスケ楽しい」って感じになってきて、

ちゃんと説明すれば、きつい練習にも付き合ってくれそうになってきたので、

1on1は先週やってみた。

 

まあ、しばらくは快感指数の高いオフェンス中心の組み立てが続くかな。

 

ディフェンスの弱いチームは、結局勝てないからね…。

どっかでやんなきゃ。

 

でも、きついディフェンスって、教えるの…難しいのよね…。

コメントを書く
 

カレンダー

<< 2019年07月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

愛媛生まれ、高知育ち、高校は埼玉、社会人は東京…あちこち行って沖縄で落ち着いちゃいました~。
管理画面へ