ログイン
[PR沖縄] 沖縄出張ライブ| 沖縄翻訳通訳| ホームページ制作| 格安印刷| タウンネット| 総額2万円HP制作| 専門学校資料請求| リフォーム| 引越

子育てカタルシス その②

[その①]  [その②]  [その③] 

-----------------------------------------------

 

(続き)

なんで、大人が気を使わなきゃいけないのさ…。

 

しかし、自分の子が生まれ、一変する世界に慣れてくると、

上記の状況が一変する。

 

まずは、

恋愛してラブラブ。

結婚して大人気分に。

妊娠してウキウキ。

出産して…

 

出産して…

 

そう、「出産して」ツレが「お母さん」に変身した事を認識しなくてはいけない。

 

実は、あのかわいかった彼女は

「女の子」→「女性」→「奥様」→「お母さん」

と言う風に変態する、まあ、魚で言うと「出世魚」みたいなものなのだ。

 

昆虫の「卵」→「幼虫」→「さなぎ」→「成虫」

に通じるものもある。

 

しかし、男はあまり変態を行なわない。

「男の子」→「お兄さん」→「おじさん」

と変態しているように見えて、実は中身はほとんど変わらない。

男は女性の変態に合わせて言動が変化しているだけなのだ。

 

しかも、お母さんは、子供の数によっても、その性質を変える。

 

例えば、哺乳ビンの消毒。

「一人目:お鍋で煮沸」

 →「二人目:電子レンジで煮沸」

  →「三人目:ミルトン(消毒液)」

   →「四人目:食器の一種」

と、段々と、まあ、いわゆる、 …「手抜き」をするようになる。

 

その心理の変化はというと、

「一人目:ちゃんとしなくちゃ。ばい菌撲滅」

 →「二人目:まあ一応煮沸だし…」

  →「三人目:まあ、売られてるものだしOKだはず」

   →「四人目:ミルトンでOKなら、食器洗剤でも…」

 といった感じだ。

 

実際の手間はというと、

「割れないように注意しながら回す:15分」

 →「電子レンジの様子をみながら:5分」

  →「溶液を準備して入れるだけ:3分」

   →「お皿と一緒に洗う:30秒」

といった具合。

 

 

初めは奥様と一緒に子育てをしようと決意しながらも、

レンジで煮沸するアイデアグッズとか、ミルトンとか、

探す気も、関心もない男はというと、

だんだん奥様のいいだすことに「あっ、えっ、いいんじゃない」

と相槌だけ打つようになり、

一人目はやっていたミルクの準備もしなくなり、

おむつも変えなくなり、

段々と子育てを「外野」から眺めるようになる。

四人目ともなれば、眺めもせず、種だけ付けて、

金を運ぶ事だけを淡々と行なうようになる。

 

(続く)

 

 

…実は変態の最終形は「おばさん」なのかも知れない。

※環境と人による。

 

 

 

 

コメントを書く
 

カレンダー

<< 2019年09月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

プロフィール

愛媛生まれ、高知育ち、高校は埼玉、社会人は東京…あちこち行って沖縄で落ち着いちゃいました~。
管理画面へ