ログイン
[PR沖縄] 沖縄出張ライブ| 沖縄翻訳通訳| ホームページ制作| 格安印刷| タウンネット| 総額2万円HP制作| 専門学校資料請求| リフォーム| 引越

洗濯・乾燥機・思いやり

数年前の冬、

出張のついでに神奈川の同級生の家に泊まったことがある。

 

「洗濯物、室内に干すの?」

 

「1階だから、盗まれたり、風で飛ばされたりね…

 ベランダ狭いから雨降ると濡れちゃうしね。

 面倒が多くて、気がついたら室内干しになっちゃったね…」

 

2LDKの彼の家は、部屋中洗濯ものだらけだった。

彼女と二人暮らし。二人とも仕事で遅くなる事が多いようで、

寝るだけの部屋なのだろう。

 

「乾くの?」

「乾かないな…。2,3日干してるのもあるな。」

 

………………

 

…沖縄に暮らしていても、冬場、梅雨はやはり乾きにくいが、

彼の家の状況ほどではない。

 

しかし、梅雨時期は、近場のコインランドリーの乾燥機は、

どこもいっぱいで、うちの奥様は2,3箇所はしごをして

空いている乾燥機を探している時期があった。

 

女手で濡れた洗濯物を籠いっぱい持って、

車まで運び、乾燥機を探して夜な夜なうろつき、

やっと乾燥機を見つけたら、また1時間後に取りに行く…。

家でハンガーで干してる時は、そのままぶら下げておく事もできるが、

乾燥機で乾かした時は、やはり畳まざる得ないので、

洗濯物を畳む手間も大変だった。

おまけに雨って、大体続く。梅雨時だと何日間も…。

 

彼女も働いているので忍びないのもそうだが、

「こんな思いさせるなら…」といった憤りもあり、

3LDKの奥の一部屋を思いっきり空っぽにして、

エアコンの一番風が当たるところに物干し竿を設置した。

 

幸いベランダは2つあり、雨が降っていても、

どちらかは雨が直接当たらない場所になるので、

寝る前までベランダで乾かし、半乾きになったら、

寝る時は、奥の部屋のヒーターを最強風最高温度にして、

一時間ほどタイマーをかけるようにした。

台風などで全く外に干せない時は、

部屋がウエットになりカビたり、水臭くなるのが怖いので、

奥の部屋に湿度調整機も持ちこんで水分を吸収させる。

 

湿度調整機を持ちこむのは奥様のアイデアだった。

 

水分が多いと窓ガラスは目いっぱい水滴だらけになるので、

気付いたら雑巾で水分を取り除いてあげる。

 

…そんな事を2年ほどやっていたら、ちょこちょこした工夫が入り、

今では、どんな天候でも、部屋にダメージを与えず、

洗濯物が乾かせるようになった。

 

彼女が夜な夜なつらい思いをして、

乾燥機を探してさまようこともなくなった。

 

…今日は昼から雨が降った。

 

どうでもいい話だけど、

うちで起こった工夫を、神奈川の友人に教えたくなった。

 

彼らがまだ、雨の日はじめじめしたウエットな部屋で

暮らしているかもしれないから…。

 

 

 

【終わりに】

…勢いで書いたけど…

今回は如何にもメッセージがありそうな語調なのに、

実は「んで?どうしました?」みたいな内容だな…

…でも書き直すのも面倒だし…

…いや、読み返してみると、いいエッセイかも。

…でもなぁ…

…ま、いっか…。

…大体俺、エッセイストじゃないし!

…いや、そういう問題ではなく…

 

…結局、文章って難しい。ってことよね…

 

コメントを書く
 

カレンダー

<< 2019年07月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

愛媛生まれ、高知育ち、高校は埼玉、社会人は東京…あちこち行って沖縄で落ち着いちゃいました~。
管理画面へ