ログイン
[PR沖縄] 沖縄出張ライブ| 沖縄翻訳通訳| ホームページ制作| 格安印刷| タウンネット| 総額2万円HP制作| 専門学校資料請求| リフォーム| 引越

子供の頃、親父に連れられ、ほぼ毎年、

高知から愛媛に車でお墓参りに行ったのを覚えている。

 

僕の親父は、愛媛生まれで、実家は結構裕福で、

親父は8男という大家族で、

祖父は親父からとっても、おじいちゃんのような存在で、

とにかく家族が多く、お姉ちゃんが母親代わりだった

というような話を墓参りに行く道すがらよく聞かされた。

 

親父は20を過ぎて、飲み屋のねーちゃんを孕ませ、

家族の反対を押し切り、駆け落ち同然に高知県に流れていってそうだ。

そのためか、僕は愛媛のおじいちゃんの家に行った記憶がない。

祖父、祖母の顔も見た事がなく、

モノクロの写真に写った祖父の姿を覚えている。

 

結局、親父は僕と兄をもうけ離婚、兄と僕を引き取って男手ひとつで僕らを育てた。

…これは親父の影響だと言えば父が悲しむかもしれないが、

僕の兄弟、男4人は未婚の3男を除いて、男3人全員離婚を経験している。

 

「身の回りの親族に女性がいない」

というのが原因なのか、僕の兄弟4人は放浪癖がある。

チャレンジ精神が培われたと言えば聞こえがいいかもしれないが、

実際は勝手気まま、自由奔放。

 

父はただのサラリーマンだったが、4人とも18~20歳前半で、

海外生活を経験している。親の援助があったわけではなく、

海外に飛び出し、仕事を探し、生活を始めた。

 

とりわけ、兄貴と僕は結構長期になった。

兄はオーストラリアに7年ほど住んで、スーパーバイザーなる地位まで得て、

反面僕は、オセアニア、アジア、南北ヨーロッパ、と4年間

大陸間をいったりきたり、いわゆる「ヒッピー」の旅ガラスとなった。

 

兄はサラリーマンの道をとったので、オーストラリアで定着、

僕は料理人だったので、あちこち流れた。

という事なのだと思う。

 

よくよく考えれば、兄と僕は15歳で家を出て、埼玉で高校就学したし、

二人とも、春夏冬休みとも、高知の実家に帰らない時が多かった。

「お父さん、今度の休みは岩手行ってくる、宮崎行ってくる」

と未成年らしく、親に電話で断りは入れていたが、

親父が何かうるさく言う事はなかった。

 

兄は、離婚して縛りがなくなった事もあってか、

今でも日本中あちこちに行っていて、定住地がどこなのかよくわからない。

前に連絡が来た時は、岐阜県で山を削っていた。

 

僕は、4年の海外放浪のあとは、前記の理由で沖縄に来て、

それ以来、ずっと沖縄で暮らしている。

たまに、旅行に行く事はあるが、やはり沖縄に戻ると落ち着く。

あんなに旅暮らしをしていたのに、

今は、家族、親戚、職場の仲間、地域の友人と触れ合っている事が

すごく僕の支えになっている。

 

今また流れ出した兄も、いつかどこかに巣を築くのだろうか…。

にくたらしいが、世界で2人の血の濃い兄弟だけに、

たまにはセンチメンタルに心配してあげなきゃ。と、ふと思った。

 

コメントを書く
 

カレンダー

<< 2018年11月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

プロフィール

愛媛生まれ、高知育ち、高校は埼玉、社会人は東京…あちこち行って沖縄で落ち着いちゃいました~。
管理画面へ